アンジェリーク
アブサン

Angélique

まさに究極のアブサン

伝統的な製造法に基づいた、19世紀のアブサンの味に限りなく近いアブサンです。添加物や着色料を一切使 用しない、“緑の妖精”の名にふさわしい天然の緑色と、“通”には堪らない渋い苦味が味わえます。また、アンジェリークには「天使のようなお酒」の意味があるほか、薬草のアンジェリカから命名されていたり、また、生産者のブニョンさんの末っ娘さんの名前でもある、愛情がたっぷりつまった商品でもあります。使用しているハーブは、クランディスティーヌと同じ10種類のハーブですが、製法が少し異なります。ハーブををスピリッツに漬け込み、蒸 留した後に上記の10種類のハーブの中から数種類を選び、蒸留後のスピリッツに数日間漬け込みます。 浸漬によって葉緑素が出て緑色になった液体を、ろ過の後にボトリングしたのがこのアンジェリークです。他のアイテムに比べて苦味が増し、奥の深い甘さも増 しています。
(700ml / 68% / スイス)