FAIR.オールドトム・ジン

Next post
Prev post

FAIR.Old Tom Gin

FAIR.オールドトムジンの原料となるのはウズベキスタン産フェアトレードジュニパーベリーとカルダモン、コリアンダーに加えて蒸留所近郊で収穫されるスパイスやハーブ。これらをFAIR.キヌアウオッカに1週間つけ込んだのち小型のフランス製単式蒸留器で蒸留。できたジンにフェアトレードシュガーを加えて樽熟成 されたのちにコニャック地方の仕込み水で度数を調整され瓶詰めされます。

SOCIALLY RESPONSIBLE GIN
使用されるオーガニックのジュニパーベリーとカルダモン、コリアンダーはウズベキスタンの自然保護区内の小規模農家の組合により生産され、フェアトレードで 調達されます。その他のオーガニックスパイスは蒸留所の近郊より調達。加えられる砂糖にはオーガニックフェアトレードシュガーを使用しています。

WHY ʻOLD TOM ?
オールドトムジンはドライジンが一般的になる前に飲まれ、その陰で半ば忘れられた存在のようになっていました。初期の雑味の多いジンの飲み口をよくするための工夫として仕上げに少量の砂糖が加えられていました。近年様々なクラフトジンが人気を集める中、いわばドライジンのルーツとして注目されています。”オールドトム”の名前は18世紀のイングランドで街のパブが路面に設置した、雄の黒猫(トムキャット)がデザインされた看板兼ジン販売窓口に由来します。黒猫はジンの過剰な流行に対する販売規制に対抗して非合法な販売をするための暗黙の目印となっていました。看板に開けられた小さな穴からお金を入れると、店内で注がれたジンが管を通って出てくるという仕組みだったようです。

外観 : 淡い金色
香り : リコリス、レモンバーム、ヴァニラ
味わい : 優しく爽やかな柑橘とジュニパー、なめらかでほのかな甘み
後口 : 甘みに包まれ長く続くペパーやシナモン