Crème de Banane

Next post
Prev post

Crème de Banane

クレーム・ド・バナナが最初に誕生したのは、19世紀中頃のこと。当時、バナナは遠く離れた植民地から送られてくる、貴重でめずらしい果物でした。テンパスフュージットのクレーム・ド・カカオは、比にならないほどの完熟したバナナの風味と奥深さがあります。世界中のバーテンダーから、「液体のバナナズ・フォスター*のようだ」と称されており、あらゆるカクテルのフレーバーの調整剤として使用されています。もちろん、人工甘味料、人工着色料は使用していません。ゴールデンアンバー色は、完熟したバナナの色そのまま。

また、スピリッツ&リキュールの世界で最も有名なF. Paul Pacult氏が主催する雑誌「Spirits Journal」で、このクレーム・ド・カカオは最高得点の5星を授与されています。http://www.spiritjournal.com/f-paul-pacult/

アルコール度数:26度/ 容量:700ml / 原産国:スイス

(*バター、ブラウン・シュガー、シナモン、ダーク・ラム、バナナ・リキュールで作られたソースをバナナとバニラ・アイス・クリームの上にかけて食べるアメリカのデザート)

テンパスフュージットはラテン語で「光陰矢の如し」の意

矢のように早く過ぎ去る時間」の中で失われてしまった、お酒の歴史を語る上でなくてはならない良質なスピリッツ&リキュールを現代にふっかつさせることをテーマとしたメーカーです。今日では多くの場合、リキュールは工業的方法や人工的なフレーバーと色づけされた製品に依存しています。しかし、そもそもリキュールは、食前酒や食後酒として愛飲され、最高の蒸留所と酒を本当に愛した人間によって、大きな誇りと丁寧さをもって製造されていました。テンパスフュージットの製品は、すべて、社内に集められた19世紀の古いボトルと複数の言語で書かれた当時のレシピを参照し、19世紀当時のフレーバーに最も近い形で再現されています。むしろ、昔を凌駕しているといってもいいほどの自信作です。

オールドボトルの味わいを、必要な時に必要な本数を、お求め安い価格で。テンパスフュージット社のリキュールは、古き良きリキュール黄金期のフレーバーそのままです