クランディスティーヌ
アブサン

Clandestine

アブサンのイメージを変える、この味、酔い方

アブサン発祥の地、ヴァル・デ・トラヴェールのクヴェ村でつくられる高品質のアブサンです。クランディスティーヌは、そもそも、2005年3月1日のために製造されたアブサンでした。その日こそ、スイスでアブサンが解禁となった記念すべき日。「クランディスティーヌ」は、「秘密の」という意味で、ブニョンさんがアブサンを「秘密に」製造していた頃からの情熱と、解禁を祝う思いが込められた商品です。
ニガヨモギなど10種類以上のトラヴェール産ハーブが織りなす豊かな香り、フレーバーと、アフターにかすかに残る苦味が特徴です。アルコール度は53%とアブサンの中では低めですので、アブサンが初めてという方も、様々なアブサンを飲んできた方も、「クランディスティーヌ」なら、間違いのない選択といえます。(700ml / 53% / スイス)